ネットワーク負荷テストに使えるフリーソフト2つ

IT

ネットワーク負荷テストが可能なフリーソフトウェアとして、Nanaipefを紹介します。

私見ですけど、多くのエンジニアさんもネットワーク負荷テストといったら、このどちらかが頭に浮かぶと思ってます。

2つのソフトウェアの違い

ネットワーク負荷テストをするうえで、機能的な違いはほぼありません。

ただし、NanaはlinuxなどのWindows以外のOSに対応していないので、その場合はipefを使用します。

Nanaipef
OSWindows7/8/10Windows
Android
Apple iOS
Ubuntu
etc…
インストールフォルダ展開で使用可フォルダ展開で使用可
操作画面GUICLI
スループット計測
(パソコンが2台必要)

(パソコンが2台必要)
ネットワークに負荷をかける
(PC1台で可能)

(PCが2台必要)
TCP/UDP両方可能 両方可能

Windowsの場合、どちらを使うかは基本的に使用感の好みになります。

Nanaならグラフィカルな操作ができるし、ipefはコマンドラインなので慣れている方はこちらの方が使いやすいかもしれません。

ただ、ネットワークに負荷をかける場合はパソコン1台でネットワーク負荷を実行することができるNanaがおすすめ。

Nanaは、UDPであればパソコン1台でパケットを送出し、ネットワーク負荷を実行することが可能です。

一方、ipefはTCPでもUDPでもサーバーとクライアントが必要なので、パソコンが2台必要になります。

Nanaについて

Nanaはとある一般の方が開発・公開しているフリーソフトウェアです。ありがたいですね。

入手・使い方についてはリンク先で紹介していますので、興味あれば、ぜひご覧ください。

ipefについて

Iperf はネットワークパフォーマンスの測定とチューニングを行うためのツールである。

IperfはC言語で記述されたオープンソースソフトウェアであり、Linux、Unix、Windows(直接またはCygwin内[3]))を含む様々なプラットフォームで実行される。ソースコードが利用できるため、ユーザーは測定方法を精査することができる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/Iperf

ネットワーク負荷テストのツールとして、有名なツールだと思います。

オプションも豊富です。

ipefは下記サイトでダウンロード可能です。

iPerf - Download iPerf3 and original iPerf pre-compiled binaries
iPerf3 binaries for Windows, Linux, MacOS X

使い方について、下記リンク先で紹介していますので、興味あれば、ご覧ください。

使ってみよう!

Nanaもipefもフリーソフトです。試しに使ってみて、好みの方を使うと良いです。

どちらが好みか、どんな場面でどちらを使えばいいか、実際に使えばなんとなくわかると思います。

なお、私個人としては、直感的な操作ができるNanaが好きです。(いらない情報)

以上です。

タイトルとURLをコピーしました