ネットワーク負荷テストツール : ipefについて

IT

ipefについて

Iperf はネットワークパフォーマンスの測定とチューニングを行うためのツールである。

IperfはC言語で記述されたオープンソースソフトウェアであり、Linux、Unix、Windows(直接またはCygwin内[3]))を含む様々なプラットフォームで実行される。ソースコードが利用できるため、ユーザーは測定方法を精査することができる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/Iperf

引用文の通り、ipefはネットワークの通信速度を測定することができるフリーツール。

ipefの実行はターミナル(コマンドプロンプト)から実行・操作します。

コマンドラインでの操作になるので、慣れてない方は少し苦労するかも。。

使い方

入手・インストール

ipefは下記サイトからダウンロードできます。

iPerf - Download iPerf3 and original iPerf pre-compiled binaries
iPerf3 binaries for Windows, Linux, MacOS X

お使いのパソコンのOSに合ったものをダウンロードしましょう。

(Windwos, Apple OS, Android, Ubuntuなどがあります。)

zipファイルがダウンロードされるので、それを任意の場所に展開します。

これでipefが使用可能になります。

使い方(基本)

ipefを使用するには、ipefをダウンロードしたパソコンが2台必要です。

下図のように一方をサーバー(受信側)、一方をクライアント(送信側)として使用します。

サーバー(受信側)の操作

まず、受信側のパソコンでコマンドプロンプトを開き、ipefをサーバーモードで実行するコマンドを入力します。

C:\Users>[ipef3.exeのあるフォルダへのフォルダパス]\ipef3.exe -s

例えば、Cドライブ直下にwindows64bit用ipefを展開していた場合は、

C:\Users>C:\iperf-3.1.3-win64\ipef3.exe -s

と入力し、実行しましょう。

---------------------------------------------------
Server Listening on 5201
---------------------------------------------------

となれば、受信が開始されています。

さらに、クライアントからパケットを受信し始めると、速度などの結果がコマンドプロンプト上に表示されていきます。

クライアント(送信側)の操作

次に送信側でコマンドを実行し、パケットの送出を始めます。

C:\Users>[ipef3.exeのあるフォルダへのフォルダパス]\ipef3.exe -c [送信先のIPアドレス]

例えば、Cドライブ直下にwindows64bit用ipefを展開していた場合は、

C:\Users>C:ipef-3.1.3-win64\ipef3.exe -c 192.168.1.1

と入力し、実行しましょう。

サーバーへの接続が成功すれば、通信が始まり、コマンドプロンプト状に結果が表示されていきます。

ipefはUDPでもTCPでも、サーバー(受信側)のパソコンが必要です。

サーバーへの接続できない場合はパケット送信が開始されません。

もしもサーバー接続できずにパケット送信が始まらない場合は、サーバーまでのネットワークを確認してみましょう。

サーバー接続できない原因として一般的には下記が考えられると思います。確認してみましょう。

  • サーバー/クライアント間のネットワーク到達性がない。
  • サーバーまでのネットワークのどこかでパケットが拒否されている。(ファイアウォールなど)
  • サーバー/クラスメイトのセキュリティソフトで拒否されている。
  • IPアドレス、ポート番号が間違っている。
  • サーバー(受信側)のipefの設定が間違っている。

ipefを使ってみよう

基本操作は以上です。

上記他、オプションも豊富で、いろいろ設定した状態で通信を実行し、測定を行えます。

コマンドでの操作なので、取っつきにくい部分もあるかもしれませんが、ややこしい部分は少ないので、簡単に使えるようになると思います。

まずは、実際に使ってみましょう!

タイトルとURLをコピーしました